​〜敬愛〜

創始者の思い

​ホーム長 荒牧 律子

​事務長 荒牧 正弥

 2000年介護保険制度が始まった年に南阿蘇ケアサービスグループホームは開設しました。「ボケ老人」と言われていた時代、認知症に対する理解も乏しいものでした。認知症の方9名を家庭的な雰囲気のもとで専門職が支えるということに対し、当時、地域の方からの不安な声も少なくはありませんでした。ですが、大きな施設で…家の中で…道端で…ぽつんと不安げに佇む方々にたいし、これだけ長い人生を生きてこられ戦争時代を乗り越え苦労してこられた方がこのままでいいのだろうかと、安心して過ごせる居場所を創れないだろうか、と当時強く感じていました。「利用者を人生の先輩として常に敬愛いたします」という理念は開設当時から18年たった今も変わっていません。日々の生活を支援するスタッフには、大変な時代を生き抜いてこられた方々の人生・歴史の重さを大切にし、利用者と共に生活を送っていることを忘れないでほしいと思っています。どんなに組織が大きくなろうとも、その思いは変わりません。

 年を重ねるごとに阿蘇という地に対する想いは強まります。いつも見慣れた阿蘇山を身近に感じながら年を重ねていただきたいと思っています。実は、ケアサービスの全施設の施設づくりのコンセプトに、どこからも阿蘇山が望める造りを掲げていました。部屋やデッキから、山を眺め心静かに物思いにふけっておられる利用者の方々をよくお見掛けします。この環境に誇りを持っています。

 改めてこの歩みを振り返り感じることはスタッフに恵まれているということです。スタッフ一人ひとりの頑張りがあり、「今」があります。今後は、地域にどんどん開かれた施設でありたいと思います。この南阿蘇村に南阿蘇ケアサービスがあってよかったと思っていただけるようなそんな組織を築いていきたいと思います。

〒869-1411

熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字久石2721-2

MINAMI ASO
CARE
​SERVICE

​FAX:0976-67-0875

copyright(C) 2016 minami aso care service All rights reserved.