認知症対応型共同生活介護

グループホーム みなみ阿蘇(北・南)

​土屋 研二

​介護士(南ホーム)

​(勤務年数:1年)

我が家に居るような馴染みの環境で安心して過ごしていただく

 認知症高齢者グループホームでは、ご利用者が混乱しないで普通の生活を送って頂けることを第一義としています。私たちグループホーム みなみ阿蘇では、利用者さんを人生の先輩として常に敬愛し、ご利用者がまるで我が家に居るようなゆったりとした空間で、馴染みの環境と人の中で安心して笑顔で過ごして頂けるように、身の回り全般の介護と日々の健康状態の把握をし、利用者さん本人とご家族の意思を尊重した支援をしています。

​ご飯を完食していただけたときは、心の中でガッツポーズ!

 ご利用者との触れ合いの中で、ご利用者に笑顔になって頂けたり、「ありがとう」と言って頂けた時の喜びはとても大きいです。グループホームでは、ご利用者によっては食事形態が様々な場合があり、自分が食事当番の時に提供したお食事を美味しそうに完食して頂けた時は、心の中でガッツポーズをきめています!ご飯をしっかり食べられることで、また元気に毎日を過ごしていただけると思っています。

​職場スタッフも仲良く、まるで本当の大家族のようです

 私の職場は職員の年齢層の幅が広い!そして何よりみんな明るく朗らか!下は20代前半から上は60代まで、それはもう、まるで大家族のよう。利用者さんにとって、子どもや孫のような存在がいっぱいです。日々の話題も地元ならではの内容が盛り沢山。歌が好きな職員もいるので、利用者馴染みの懐メロから今流行りの歌まで、毎日楽しく賑やかな雰囲気に包まれています。

​仕事でもプライベートでも大事な相棒

 震災直後に南阿蘇村に移住した私にとって、電動工具はなくてはならない道具でした。今でも私生活で活用している電動工具がグループホームに初お目見えしたのは、お風呂場の脱衣所の鏡の下に利用者さんの為の手すりを設置した時です。その後も、居室やトイレの手すり・カーテンレール・ペーパータオルホルダー等々、利用者さんの為に電動工具が必要な時は大活躍しています。数年後には、ニワトリ兼ヤギ小屋ができているかも…(笑)

​グループホーム みなみ阿蘇(北ホーム)

​グループホーム みなみ阿蘇(南ホーム)

​どんな内容でもいつでもお気軽にお問い合わせください。

〒869-1411

熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字久石2721-2

​FAX:0976-67-0875

MINAMI ASO
CARE
​SERVICE

copyright(C) 2016 minami aso care service All rights reserved.