🌸ハナシノブ with LAB②🌸

最終更新: 9月3日

毎日暑い日が続き皆様体調の方は如何でしょうか?




私自身嬉しい事がありました!(*´꒳`*)



そ、れ、は、、、





このブログを見られている方が増えられた事です!( ;∀;)



嬉しいです!今まで独り言の様に書いていたブログが!!!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

嬉しい、、、です。


※毎週金曜日を予定していますので、今後もごひいきを♡




小規模多機能ホーム「はなしのぶ」では、、、



誕生日会がありました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



今回8月生まれの御利用様4名でした!

職員で出し物をしました!



打ち合わせ風景→5分、、、

(他職員は着替え中)



撮影者、大笑いの為ブレブレで写真はありませんがとても盛り上がりました!


利用者様もスタッフと手を握られ、



「あー、楽しゅーて涙んでる」

→「あー、楽しくて涙が出る」


「あたお面被っとったがよかおなごばい」

→「あなたお面被っていた方がいい女よ」



などなど!



職員も楽しかったと言われ、翌日は筋肉痛の職員チラホラいらっしゃいました



ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘




さてさて、、、



お隣りでいつも作業をされている「LABみなみ阿蘇」さんは畑のマルチ張りが行われていらっしゃいました(`・ω・´)



そこで責任者の大籠副主任、二子石副主任に質問をしてみました!


Q.「農業をしていて大変な事、又やりがいはありますか?」


A.「たくさんあります。ただ失敗を失敗だけには思わない次へ活かすヒントを常に考えています。メンバーと一緒に出来た野菜を収穫でき、消費者さんに「LABの野菜は美味しい!ありがとう!」と言われた時やりがいを感じます」


との事でした。


トマト1つ1つ丁寧に優しく磨かれるメンバーさん(OvO)




愛情100%ですよ!








これは、、、何でしょう。

答え、、、「みさを大豆」



こちらの「みさを大豆」とは大正10年阿蘇郡高森町草部で井上みさをさんという農家の主婦が見つけた1本の苗木を、大事に生育し増産された大豆です。



この大豆は、水田にすき込み地方向上の為の作物とし普及し戦後は加工用の大豆として使用されてきました。


しかし現代の大豆に求められるニーズに合わなくなり栽培農家が激減しまいましたが、高森町の一部の農家の中で受け継がれてきた幻の大豆です。



藤色の綺麗な花が咲きます(´∀`*)










今週のさくら&りり



今週も楽しく南阿蘇ケアサービスの様子をお届けしました!


今後ともよろしくお願い致します!

〒869-1411

熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字久石2721-2

​FAX:0976-67-0875

MINAMI ASO
CARE
​SERVICE

copyright(C) 2016 minami aso care service All rights reserved.