西日本豪雨災害

この度の西日本豪雨災害でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に合われたすべての方々にお見舞いを申し上げます。



各地での特別警報情報が更新されるたびに、被害にあわれている方々のご不安、恐怖、悲しみ、絶望感に思い巡らせ、胸が張り裂ける思いで流れてくる情報に耳を傾けていました。

日ごとに増える、行方不明者数、そしてお亡くなりになられた方々の数に、深く胸を痛めています。



私たちの事業所も2年前、地震という自然災害にあいました。


何度も襲う余震に身の危険を感じ、次々と起こりくる困難さに涙を流しながら一つ一つ乗り越えてまいりました。2年以上経ちましたが未だにその爪痕は残っています。


自然災害の恐ろしさは、十分理解しているつもりではいますが、同じ災害はありません。

被害の大小というものはなく、その人にとって受けた傷はその人にしかわかりません。被災を受けたからこそ、安易に頑張ってとも言えないし励ましの言葉もかけられません。

これからが本当の被害の大きさを実感される時期が訪れることだと思います。


被災直後は、「元に戻ろう」「通常を目指して頑張ろう」「普通を目指そう」という気持ちで毎日毎日を過ごしていましたが、失うものがあまりにも多すぎたことを振り返ることができた1年ほど経った頃に、『「今」が「普通」であるというあきらめ』を感じ、その感情が私自身の心を随分と楽にしてくれました。被災前の普通に戻ろうと、自分で自分にプレッシャーをかけていたのかもしれません。



息の長い支援が必要です。

被災地に心を寄せながら、南阿蘇ケアサービスとして、できる支援を行って参りたいと思います。



南阿蘇ケアサービス 松尾弥生



〒869-1411

熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字久石2721-2

​FAX:0976-67-0875

MINAMI ASO
CARE
​SERVICE

copyright(C) 2016 minami aso care service All rights reserved.